『日本の癒し』 香りの贈物

HR1002【香りの贈り物 】白檀の香りギフトセット 水引赤

販売価格
4,500円(税抜)
会員価格
4,000円(税抜)
通常価格
4,500円(税抜)
在庫
50
商品コード
HR1002
便種
宅急便

商品詳細

「癒しの香りの贈答品」 赤い水引 心ばかりのメッセージを添えて

今回は家庭でもできる、香りによる最強の癒しをご紹介します。取り上げるのは古くから行われてきた白檀(びゃくだん)の香りによる癒し。神聖な場所の香りともいわれる高貴な香りの魅力を知ることができますよ。大切な方に「癒しを贈ってください。」

白檀(びゃくだん)とは

白檀は、インドや東南アジア、太平洋の島々に生育している香木です。

shutterstock_597531677

その香りは、清涼で高貴ですが、どこか妖艶です。高価なお線香や焼香などに用いられていますので、皆さんもどこかの寺院でその匂いに触れたことがあるかもしれません。

香木が日本に伝わったのは、6世紀のことです。

平安時代には、お香は「薫物(たきもの)」として貴族のたしなみとなります。『源氏物語』には、光源氏の子、薫の君の身体から牛頭栴檀(ごずせんだん、白檀の中国名)の香りがした、とされています。

shutterstock_192067586

この描写は、薫の君は仏道に励んでいることを暗示していて、白檀はやはり仏教と密接な関係があることがわかります。

その後、お香は茶道・華道と並ぶ香道(こうどう)として貴族から上級武士にも広がりました。

そんな白檀の香りをお届けするギフトセットです。