• HOME
  • 「手元供養」とは?

様々な定義がありますが、簡単にいうと自宅にお墓・納骨堂を設置するようなイメージになります。いわゆる仏壇とは少し異なる供養の方法です。


亡くなった方を供養する方法といえば、お墓や納骨堂など、遺骨を保管してある場所で手を合わせる方法が一般的ですが 、お墓が遠方にあって出向くことが難しい方や、新しくお墓を用意することができない方もいらっしゃいます。                                             そういった方にぴったりの供養方法が、手元供養(てもとくよう)です。


手元供養の方法


手元供養は、遺骨・遺灰を自宅で管理するという方法のことで、自宅供養(じたくくよう)とも呼ばれます。その保管方法は2種類あります。


1
遺骨や遺灰のすべてを自宅で保管する。
2
墓地や寺院へ納骨したうえで、一部だけ自宅で保管する。

 
どちらを選ぶかは、人それぞれの供養に対する意識によります。


「癒し箱」では分骨用の骨壺を多くご用意いたしました。