• HOME
  • 土佐和紙伝統技術をしたティシュペーパー

『土佐和紙』の歴史

昭和51年には「土佐和紙」の名称で国の伝統工芸品の指定を受ける伝統のある紙の産地です。
◎平安時代
『延喜式』献上品として土佐紙の名が文献に登場しています。
◎16世紀末
 土佐七色紙が出現しました。この紙が徳川幕府への献上品 となり、さらに薬袋紙(やくたいし)、青土佐紙等の染紙が有名になりました。
◎江戸時代末期
 全国有数の産地となりました。紙業界の大恩人といわれる吉井源太の登場し、製紙用具の改良、原料の栽培、時代に即した多くの新しい紙の発明に加え、広く海外に市場を求めました。
◎明治時代の中頃
 その功績により、圧倒的な全国一の生産を誇るようになったのです。

『土佐和紙』の特徴

土佐和紙の特徴は、種類が豊富であるということと、他の和紙と比べて薄くて丈夫であるということです。土佐典具帖紙など厚さわずか0.03mmの手漉き和紙は、世界でも類を見ません。その薄さと強度は、土佐特有の楮(こうぞ)と美しい仁淀川の水流の恵みによって作られたものです。まさに自然が生み出した工芸品と言えます。
日本各地に残る和紙の産地では多くの種類を生産することが少なくなりました。しかし、土佐和紙は現在でも300種類ほどの様々な種類の和紙を生産し続けています。